ゴルフコーチ長谷川哲也のブログです。 <長谷川哲也プロフィール> ゴルフコーチ 株式会社 DEPARTURE GOLF代表取締役 1977年生まれ/千葉県出身 17歳よりゴルフを始め、5年間の研修期間後、デイビッドレッドベターの「アスレチックスイング」に魅せられゴルフインストラクターになることを決意する。その後、プロゴルファー深堀圭一郎のマネージャー件キャディを務め、2年間国内外のツアーを転戦する。2005年の廣済堂レディースでは世界殿堂入りを果たした岡本綾子プロや横峯さくらプロのキャディも務める。 2004年に本格的にゴルフインストラクターとして活動を開始。 (DEPARTUREを創業) 2007年10月に株式会社 DEPARTURE GOLFを設立。 現在でも数多くのスイングを徹底的に分析し、最先端のスイング理論を研究し続けている。 ◎ 私のゴルフレッスン 今まで私が肌で感じた知識や経験をどう伝えるかを常に考えてレッスンをしています。アマチュアプレーヤーには「ゴルフは難しい」と感じさせないように「こうすればOK」と前向きに考えられるようにアドバイスしています。また、基本スイングから外れる動きをできるだけ易しく修正できるように、理学療法士や作業療法士の意見を取り入れ、年齢、性別、体型、筋力等を考慮した、体に無理のないコーチングを心がけています。 ◎ ジュニア育成 ジュニア育成には力を入れています。ゴルフは人格形成をする上でとても良いスポーツです。技術論だけではなく礼儀作法、ルールやマナーをしっかりと指導しています。 ◎ 書籍出版 DVDで覚えるこれから始めるゴルフレッスン/長谷川 哲也

タグ:ゴルフ

このインパクトダメ〜!(笑)

IMG_1093 

幕張ベイサイドスタジオ(千葉市美浜区)とポートスクエア店(千葉市中央区)のゴルフレッスンを担当する小関政晴コーチがホールインワンを達成しました。

小関政晴 ゴルフ インストラクター ホールインワン

おめでとうございます。
僕が知る限り、2度目だと思います。

これからパーリーを企画してもらいたいと思います。

ホールインワンをするとパーティーをするのは日本だけのようですね。
私が聞いた説によるとパーティーや記念品を作るのは「厄払い」的な意味合いがあるとか。

とにかく、おめでたい。

今日はそれ以外にも素敵なことがありました。

弊社スタッフに賞賛の声をいただいたこと。
そのスタッフにはさっき電話で連絡しましたが、一緒に苦悩してきた数年間でしたがその「一言」だけで報われた気がします。

見てくれている方はいるんだなと。

また、明日から頑張れます。

ポスチャーとは構えた時の姿勢のことを意味します。

アドレスをした時に猫背になっていたり、腰が反りすぎていた入りしては良いスイングをすることは難しいです。また、止まっているボールを打つという競技であるゴルフは、再現性の高いスイングを目指していくことで調子の波を小さくすることができます。

なぜ調子の波を小さくする必要があるかというと、ゴルフは18ホールラウンドします。時間にして5時間くらいかかります。途中に昼食が入ったり、自然を相手にするスポーツですから気温の寒暖差や風などもスイングに影響を及ぼしてくるでしょう。そうなれば1日の中で好調や不調の波が訪れます。

残念ながらどのレベルにおいても波は0にすることはできません。
プロゴルフトーナメントを見てもわかると思います。

初心者の方にはスイングを覚える前に正しいアドレスを習得することが、その後の上達のスピードを速くすることができます。

経験者の方でスイングを修正しようとする方は、スイングを変える前にまずはアドレスを見直すことから始めて欲しいと思います。 

今日は業務提携をしているセントラルスポーツの本社でミーティングがあり、東西線に揺られて茅場町までやってきました。 ここでは各店舗のプロやマネージャーが集まって報告や意見交換をします。勉強になることはもちろんなのですが、それよりも全体の動向がわかるので、ゴルフスクールを運営する上で非常に役立っています。

全体的にゴルフの体験者数は減少傾向なのですが、店舗によっては良かったり、悪かったりします。そこの店舗に合った魅力ある施策が打ち出されているか否かが分かれ目となっているようです。

これからゴルフを始めようとする方がいたとして、まず最初にすることは
  1. 屋外練習場のスクールに通う
  2. 知人や家族に教わる
というところだと思います。

2の場合についても練習場に行くということを考えると、一般的に「ゴルフを始めよう!」と思った時に「スポーツクラブに行こう!」ということにはならないということになります。

困りました(汗)
レッスンを続けることができません!

そこで今回はスポーツクラブでレッスンを受ける価値(メリット)をまとめてみました。
  • 少人数制のため、キメの細かいアドバイスが受けられる
  • 結果を気にせずにスイングに集中できるため、基本を習得しやすい
  • 立地が良い(駅近や郊外でも駐車場完備)ため、仕事やお買い物帰りに通いやすい
  • 冷暖房が完備されているので、1年を通して快適に練習ができる
  • 浴室や更衣室が完備されている
ざっとこのような感じです。

練習場のスクールレッスンは10名前後に設定されているので、生徒1人あたりのレッスン時間は数分ということになってしまいます。その点、室内のため打席数が制限されるので必然的に定員は少人数になり、手厚いレッスンが受けられるということになります。

また、スポーツクラブ内にあるため、レッスン後にお風呂やサウナに入ったり、場所によってはスパも完備されている施設もあります。

デメリットも書かなくてはいけません。
最大のデメリットは打ち出した弾道(結果)を見ることができないことです。室内のレッスンを敬遠される理由ナンバー1です。

しかし、この点については注意が必要です。スイングを習得したり修正する過程では「良いスイングが良い結果」を生まないことがあるからです。良いスイングをしても結果が悪かったり、またその逆の悪いスイングでも良い結果が出てしまうこともあります。目先の結果を重視するレッスンは正しいスイングを習得するために来られた生徒様の障害となってします。

その点、室内レッスンでは弾道は見ることはできませんが、ご自身のスイング(フォーム)に集中して練習することができます。※弊店ではiPadを使ってスイングを撮影&分析して、基本スイングの習得に力を入れています。

以上が私がスポーツクラブでのゴルフレッスン(インドアレッスン)を奨める主な理由です。

結論!

スポーツクラブでのゴルフレッスンは
  • これからゴルフを始める方
  • 経験者だが基本からスイングを見直したい方
に向いていると言っていいでしょう。

どこのスポーツクラブでもゴルフレンジがある施設は体験レッスンを実施していると思いますので、ゴルフを始めようとする方や少しでも興味のある方は気軽に受講されてみては如何でしょう

http://www.departuregolf.com

セントラルウェルネスクラブ柏ゴルフスクールレンジ

私のブログをアメブロからこちらに引っ越しました。

2009年5月から長く親しんだアメブロとお別れするのはなんだか寂しい気持ちになります。7年前のブログを見ることなんて通常はないと思いますが、この機会に昔を覗いてみてみました。

なんだか恥ずかしい
頻繁に更新している
ラウンドレッスンが多い
スタッフのことも書いている
コメントたくさん
マイケルが亡くなって7年

などなど

日々、一生懸命だったのだと思います。モウワスレタケド
今もそれ以上にやってるつもりですが、こうやって客観的に見てしまうと、ウーーンと考えてしまいます。過去の自分に負けちゃいけないですね。

さて、今日から新しいブログで心機一転頑張りますか!
今週はマスターズです。

↑このページのトップヘ